「強化の扉」に中級が追加!初級との比較検証

強化の扉

クリップボード01
強化の秘宝のカギを消費して入ることが可能なダンジョン。

装備やスキルの強化はレベルを上げるのと同じくらい重要で、幾らレベルが高くても装備の強化を行っていないと敵からのダメージが多くなりスグに倒されてしまう。

強化の秘宝のカギを使うことで、装備の強化に必要な素材を効率よく集めることができる。
強化の扉では、ぶき強化素材・ぼうぐ強化素材・とくぎ強化玉・じゅもん強化玉などの素材を入手できる。

秘宝の眠る遺跡・中級

強化の扉に中級が追加され、メタルの扉の中級と同様、カギが2本必要になる。
初級のよりも更に強化素材が手に入るか、検証を行ってみました。

クリップボード012
クリップボード02
クリップボード015
道中に出現するモンスターは、ベリースライム、ダークナイト、メイジドラキーなど、推奨レベル20というだけあって簡単に倒すことができる敵が多い。
これといって厄介な敵など出現しないので、推奨レベルに達していなくても問題なく進める。
レベルが20を越えているなら、オートでもクリア可能な難易度。


クリップボード03
ボスはしにがみのきしとべホイミスライム×2。
特に厄介な攻撃などはしてこないが、低レベルであればベホイミスライムから倒すと安定する。


クリップボード04
レベルが高ければ1ターンで倒すことも可能。

クリップボード05
報酬は強化素材から強化玉まで様々な種類のものを入手でき、主に「大」が付くものばかりだった。
とくぎの強化玉はなかなか手に入らないので希少価値は高く、大強化玉は500もスキル強化ポイントが入るので、一気にスキルレベルを上げることができる。


クリップボード01
初級は、強化の秘宝のカギ1本で行くことができる分、獲得できる素材は☆3などレア度の低いものが多い。

強化の扉・初級と比べると、入手できる「数」と「大」が付く素材が多く手に入る中級の方が断然お得と言える。

なお、中級1回と初級2回行く場合に必要な鍵の数は同じなので、初級2回行った方がお得と感じるかもしれないが、獲得したアイテムを合成する際に得られる経験値の値は、中級1回で得られるアイテムの方が多いので、周回するなら中級が良いと言える。

記事を共有する

(0 コメント)

コメント