僧侶の人気が上がってきている理由

僧侶の人気が上がってきている理由

55
通常のマルチや初めてのイベントダンジョン「りゅうおうをたおせ」では、職業など特に関係なく力押しのPTでも十分に攻略は可能であった為、そこまで僧侶が必要とされていなかった。

b0277246
しかし、超級・伝説級など高難易度のダンジョンが増え、これまでのように力押しのPTでは攻略が難しくなってきたこともあり、僧侶を組み込んだPTの人気が上がってきている。とはいえ、僧侶になれば誰でも活躍できる訳ではない。それなりの装備とスキルが必要になってくる。

前回のイベント、シドー伝説級で僧侶に必要なステータスは以下の通り。

・レベル60以上
・デイン耐性は40%以上
・炎耐性40%以上
・防御力380以上
まがんの杖ムーンブルクの杖

戦士だとデイン耐性は20%あれば何とかなるが、僧侶の場合HPが低いので40%無いと死んでしまう。その上防御力も必要なので両立するためには、無課金装備とはいえ結構頑張って集める必要がある。

特にデイン耐性が問題で、入手方法が課金装備かシドーを倒して手に入るローレシア装備を集める必要がある為、シドーを倒すためにシドーを倒さなければならないという矛盾が生じてしまう。つまり、シドーに勝つためにはある程度、課金装備が揃っていなければいけない。

ただ、この条件さえ満たせればシドー戦ではほぼ死ぬことはなくなり、かなり活躍できる。

クリップボード04
ハーゴン戦ではアイテムをほぼ使うことなく倒せ、最後のシドーはゲージが切り替わった時の、邪神のいかづち+はげしいほのおのタイミングで若干の回復アイテムを消費するが、僧侶がいる場合PT全体でも6個以内で済む。

僧侶がいない場合は、回復アイテムをひとりあたり最低4〜5は使うが、僧侶がいればその半分の2個ぐらいで済むのでアイテムの節約にもなる。

僧侶がいると火力が低くなり結果的に戦闘が長引きアイテム消費が増えるという人もいるが、僧侶の装備をしっかり整えアタッカーと上手く連携が取れれば、僧侶入りPTの方がかなり安定する。

僧侶で活躍するには条件を整える必要があるが、一度条件させ満たしてしまえば今後どの伝説級でも安定した攻略ができると思われる。

記事を共有する

(0 コメント)

コメント