各職業の評価とおすすめ職業編成(おすすめパーティ)紹介!!

攻略メニュー

概要

ドラクエには転職システムが搭載されており、転職する職業によって独自の特性(スキル・能力)を得ることができます。

ストーリー第2話のダーマ神殿クリア後に、ホーム画面にて何度でも転職可能になりますが、職業ごとにレベルが分けられていて、初めての転職後はレベル1になってしまうので注意が必要です。

どの職業になるか、どういうパーティにするかと、迷うところだと思うので順番に紹介していきます。

各職業の特徴・評価

現在使用出来る職業は以下の8つに分かれます。詳細は別ページにて紹介しているのでそちらをご覧ください。

– みならい冒険者 –

すべての職業の基本とも言える最初の職業。
平均的なステータスでレベル上限も20の為、転職出来る様になると別の職業に転職するとよい。

得意武器:なし
覚える主なスキル:なし

– 戦士 –

new_1
最大HPとみのまもりが高く物理攻撃が得意。

得意武器:剣・オノ・ヤリ

覚える主なスキル

やいばくだき

相手の攻撃力を下げつつ敵単体に攻撃

チャージブレイク

相手のチャージ中の技をキャンセルさせつつ攻撃

[評価]
高HP高防御になかなかの力を持っているが行動が遅い、典型的な前衛職。

相手の攻撃力を下げたり相手のチャージ技をキャンセルしたりして被ダメを抑えることができるため、チャージ技が強いボスが出てくれば必須の職業になりそうです。

戦士ステータス詳細はこちら

– 魔法使い –

new_uploaded
攻撃魔力が高く呪文の威力がピカイチ、攻撃呪文が得意

得意武器:短剣・杖・ムチ

覚える主なスキル

ギラ・ベギラマ

敵全体に炎属性のこうげき魔力依存ダメージ

魔力かくせい

しばらくの間自分のこうげき魔力を大幅上昇

[評価]
完全なこうげき魔力特化で、他はダメです。どくばりの急所狙いなどで、きようさが発揮されるかもしれませんが、典型的な、火力後衛です。

今までのように、戦列の概念がないため、ダメージを受けにくいところに置く事もできないので、戦士とパーティを組み、被ダメを抑えるようにしましょう。

– 僧侶 –

new_uploaded (1)
仲間のキズを癒す専門家、回復や補助呪文が得意

得意武器:ヤリ・杖・棍

覚える主なスキル

ホイミ・ベホイミ

味方のHPをかいふく魔力依存で回復

聖なる祈り

しばらくの間自分のかいふく魔力を大幅上昇

[評価]
1パーティーに1人はいれておきたい、回復のエキスパート。

高ダメージを連発してくる敵には戦士+僧侶の組み合わせなら安定して戦うことができます。

僧侶はちからは高くないが、ヤリ・棍は攻撃力が高いため、装備するものによってはそれなりの火力を出すことも可能になってきます。

僧侶ステータス詳細はこちら

– 武闘家 –

new_uploaded (2)
抜群の会心率で固い敵を打ち砕く!

得意武器:オウギ・棍・ツメ

覚える主なスキル

せいけんづき

敵単体に大ダメージ

きあいため

しばらくの間自分の攻撃力を上げる

[評価]
高いちから、高いすばやさ、高いきようさからくるかいしん率が特徴の職業。

かいしんの一撃は、メタル系などの敵を倒すにはもってこいです。高火力アタッカーとして十分活躍できるので、パーティに入れておいてもいいでしょう。

武闘家ステータス詳細はこちら

– 船乗り –

new_uploaded (3)
海で鍛えた圧倒的なちからで敵をなぎ倒す!

得意武器:剣・オノ・ハンマー

覚える主なスキル

守りの舟歌・頑強なる舟歌

しばらくの間味方単体の防御力を上昇

かぶと割り

相手の防御力を下げつつ敵単体に攻撃

[評価]
すばやさきようさは低いが、圧倒的なちからと、高いHPとみのまもりの高さを兼ね備えた物理系の特攻職。

かぶと割りもあるため、ターン制限があるボス戦などでは非常に有効です。守りの舟歌でしゅび力が低いキャラクターをカバーできるのも魅力のひとつです。

船乗りステータス詳細はこちら

– 踊り子 –

new_uploaded (4)
とても身が軽く、回避と攻撃呪文が得意。

得意武器:短剣・オウギ・ブーメラン

覚える主なスキル

メラ・メラミ

敵単体に火属性のこうげき魔力依存ダメージ

みかわしステップ

しばらくの間自分のみかわし率を大幅上昇

[評価]
呪文が魔法使いがギラで、踊り子がメラと気になるところです。それに、すばやさは武闘家の方が上、つまり回避も武闘家が上。いいところを他の職に取られてしまっています。

正直、これといって特化したものが見えないので、よく言えば何でもでき、悪く言えば器用貧乏といったところでしょう。現状それほど重要な職業ではないでしょう。

踊り子ステータス詳細はこちら

– レンジャー –

new_uploaded (5)
攻撃から回復まで器用にこなす万能型。

得意武器:ムチ・ブーメラン・弓

覚える主なスキル

いやしの風

味方全体のHPをかいふく魔力依存で少し回復

かまいたち

敵単体に風属性の大ダメージ

[評価]
高HPと高みのまもりで戦士に次ぐ壁職業。

こうげき魔力やかいふく魔力も高く、全体回復を持っている唯一の職です。

素の状態では少量の回復量しかないものの、装備が充実しかいふく魔力を上げることができれば活躍できる可能性がでてきます。

装備が揃えられるのであれば、回復役は僧侶ではなくレンジャーでもいいかもしれません。

レンジャーステータス詳細はこちら

職業の決め方

様々な職業があるため、迷う方も多いと思いますが、武器次第になってきます。

高レアリティの武器を引いたら、それを得意武器にしている職業を育てるべきです。それに合わせてほかの職業も決めていきます。

しかし、パーティーに回復役は1人は欲しいため、僧侶かレンジャーは必ずパーティに入れることになりますが、レンジャーのいやしの風では回復量が不安なので、「宝箱ふくびき」をたくさん引くつもりでなければ、僧侶入りがおすすめです

残りの枠は、高レアリティの剣を引けたら戦士か船乗りを育てることになるので、そこから最後のキャラクターの職業を考えます。

高レアリティ武器を2つ以上手に入れているならそこから考えるのもいいと思います。

呪文が欲しければ魔法使い、会心が欲しければ武闘家、呪文はピンポイントでいいなら踊り子、回復を更に厚くしたいならレンジャー、もちろん戦士か船乗りのうち最初に選んでないほうを選ぶというのもありです。

上の各職業の特徴と、今後を予想しながら下記の職業別得意武器一覧を参考に決めていきましょう。

職業・得意武器一覧
 戦士魔法僧侶武闘船乗踊りレン
     
オノ     
ヤリ     
短剣     
     
ムチ     
     
オウギ     
ツメ      
ハンマー      
ブーメラン     
      

おすすめ職業編成

①戦士・魔法使い・僧侶

戦士の職業スキルと僧侶の回復で魔法使いを守りながら、高火力魔法で攻撃するという構成。どんなボスにも柔軟に対応できる、基本的なパーティーです。

このパーティーの欠点としては、通常時の火力が低いので、ボス戦までのザコ戦で、時間を取られたりダメージを多く食らうという点が挙げられます。

②戦士・船乗り・僧侶

ガンガン行こうぜタイプ。物理で殴ってやられた分は回復。
強敵には戦士の職業スキル2種で、ターン制限には船乗りのかぶと割りと無駄のない攻め重視の構成です。

このパーティーの欠点としては、物理無効の敵が出て来た場合です。僧侶に杖を持たせることで対応可能ではありますが、強い敵の場合は厳しくなります

③武闘家・踊り子・レンジャー

常にかいしんを狙っていきたい場合はきようさ上位3職のパーティ。

ピンポイントで魔法もあり回復もあり構成として悪くはないと思いますが、どれもそこそこなのが難点。しかし、踊り子にホイミを覚えさせることで回復も厚くできるので、使い方次第では幅のあるパーティーになります。

上記は、自身のパーティ内でしっかり構成が出来ていて、助っ人はその時に合わせて自由に選べるパターンです。下記は助っ人選びが重要になるパーティ編成です。

④火力職・火力職・火力職+助っ人僧侶

自分自身のパーティはガンガン行こうぜ編成。
しかし、これではボス戦などを乗り切れないので、助っ人で優秀な僧侶が必要になってきます。フレンドは僧侶で埋め尽くしておくと探すのが楽になります。

物理職なら戦士・武闘家・船乗り
魔法職なら魔法・魔法・魔法
など、回復という概念が全くないパーティです

⑤僧侶・レンジャー・なんでも+助っ人火力

回復を自身のパーティで厚くしておいて、高火力の助っ人を入れるパターン。

なかなか優秀な僧侶の助っ人を見つけるのが難しいため、高火力のキャラを探すほうが楽だと思います。

まとめ

今後、装備の追加や、職業の追加等で状況は変化してくると思われますが、現状は、入手した装備に合わせてパーティを組んでいくのが無難です。

また、職と得意武器の表を見るとわかりますが、ツメ・ハンマー・弓については得意武器とする職業が1職ずつしかないため、少なくても1職は追加がくると思われます。

序盤は、マルチでジェムが、比較的簡単に貯めることができるので、それでふくびきを行い、編成を決めていくといいでしょう。

記事を共有する

(0 コメント)

コメント